歯の治療を受けて大変だったと感じた時

これまで何度か虫歯治療のために大阪のインプラント歯科に行って虫歯治療を受けた事があるのですがその中でも特に私が虫歯治療で大変だと思った事がありました。それは一番奥の歯が虫歯になった時でした。

それはどうしてかというと、その時にただ歯の治療をして済む話でなかったからです。
私は最初てっきり最初は虫歯を治すだけですべて終わると思っていたのですが、実際はそれでは
済まずにもっと大変な事になったというのがあったからでした。

それはどういう事だったかというと奥歯の虫歯の治療を受けようと思って歯科に行ったのですが
その時に歯のレントゲンを撮るという事で撮影をしたのですが歯茎の中に親知らずがある事が分かって
このままでは隣の歯の虫歯菌に感染するかもしれないという理由で親知らずも抜歯する事になった時でした。

それで上顎の両方の親知らずを抜く事になって大掛かりな手術になってしまって本当に大変でした。
麻酔の効果がなくなった時は思った以上に痛くて大変でしたし、またそれと並行して虫歯の治療もしたので本当に辛かったです。