前歯の差し歯に関する治療

前歯の虫歯の治療をして、歯の神経を抜いてから数年後に、治療を行った歯が茶色く変色して崩壊してしまった状態になったため、吹田で実績抜群の歯科で差し歯の治療をしてもらいました。

 

前歯の治療であったため、他人に見られる部位が銀歯などになってしまうという不安を感じていましたが、銀歯ではなく、プラスチック製のものなどを選択することが可能であったため、よかったです。

 

前歯の治療は、保険適応の治療の場合でも、表面が白いプラスチックであり、裏面が銀などで作られたものであったため、見た目に違和感がないものを作り出してもらえました。

 

前歯の差し歯の治療では、保険外適応の美しい歯を作ってもらうことが可能になっています。オールセラミックなどの、高品質のものを作ってもらうことが可能でしたが、歯科のスタッフに、価格などの細かい目安を聞いたところ、あまりはっきりと話してもらうことができなかったため、かなり高額な制球がされると不安になってしまったため、私の場合は保険適応のものにしました。

 

歯の大きさなどで、価格が変動することが理由だと思いますが、おおよその治療費を話してもらいたいと感じました。