歯列矯正で大変だったこと。

10代の頃から前歯が出ているのが気になっていました。この歯が引っ込んでいれば、もう少し綺麗に見えるんじゃないかと思っていました。いつか矯正して治したいと思っていました。20代になり、働いてお金に少し余裕が出た時、歯列矯正をすることに決めました。家の近くの矯正もしている審美歯科に相談に行きました。そこで今の自分の状態を見てもらい、どういう手順で進めていくかを教えてもらいました。そこは歯に着ける装置が見えないように、歯の裏側に着ける装置を扱っていて、これなら目立たなくて良いなと、矯正することを決めました。そして次回から、少しずつ矯正の治療が始まりました。正直、矯正中の数年間は、痛いことや不便なことが多かったです。そして何より、歯を磨いて綺麗に保つことが難しかったです。装置を付けていると歯磨きが難しく、頑張っているつもりでも汚れが取れていなかったりしました。多少歯並びが悪くても、健康な歯が揃っている方が良いなと思いました。

良い歯医者さんを紹介してもらいました

口の中のケアをしてもらおうと思い、歯医者さんに行く事にしました。
ですが最寄りの歯医者さんはこれと言って良い所がなく、どこかに江坂に評判の良い歯医者さんはいないモノかと探し始めました。
それで親戚の人に相談してみたら、一軒の歯医者さんを紹介されたのです。
家から結構遠かったのですが、親戚の話ではとても良い歯医者さんだと言うので、試しに行ってみる事にしました。
その歯医者さんは女の人で、とても柔らかな口調で話す人でした。
大人の私にも、子供に話し掛けるような優しい口調で話すので、私の緊張はほぐれたのです。
早速口の中のケアをしてもらったのですが、直ぐに虫歯になりかけの歯を見つけ出したのです。
自分でも気が付かなかった虫歯を見つけてもらい、この先生に診てもらって良かったなと思いました。
この虫歯をこの先生に治してもらう事になったのですが、痛いと思う事が全くと言っていいほどなく、腕のいい先生だなと思ったのです。
この先生を気に入った私は、治療が終わった後もこの歯医者さんのお世話になる事にしました。
遠いので通うのがちょっと大変ですが、こんないい先生他ではまず見つかりませんから、ガンバって通っています。