歯列矯正で大変だったこと。

10代の頃から前歯が出ているのが気になっていました。この歯が引っ込んでいれば、もう少し綺麗に見えるんじゃないかと思っていました。いつか矯正して治したいと思っていました。20代になり、働いてお金に少し余裕が出た時、歯列矯正をすることに決めました。家の近くの矯正もしている審美歯科に相談に行きました。そこで今の自分の状態を見てもらい、どういう手順で進めていくかを教えてもらいました。そこは歯に着ける装置が見えないように、歯の裏側に着ける装置を扱っていて、これなら目立たなくて良いなと、矯正することを決めました。そして次回から、少しずつ矯正の治療が始まりました。正直、矯正中の数年間は、痛いことや不便なことが多かったです。そして何より、歯を磨いて綺麗に保つことが難しかったです。装置を付けていると歯磨きが難しく、頑張っているつもりでも汚れが取れていなかったりしました。多少歯並びが悪くても、健康な歯が揃っている方が良いなと思いました。