歯のくいしばりを感じたら早めの歯医者受診を!

今年の春ごろから、朝起きた時に顎に違和感を感じるようになりました。
その違和感というのは「疲労感」です。朝起きると顎に疲労を感じるようになっていたのに気が付きました。
歯ぎしりをしているわけではないのですが、寝ているときの噛みしめる力が強くなっていのではないかと思い、
「このままだとかみ合わせが悪くなるのではないか」と不安になり、かかりつけの江坂にあるかかりつけの歯医者さんを受診しました。

かかりつけの歯医者さんに相談すると「ストレスなどが原因で食いしばりが起きているのではないか」とのことでした。
治療方法としては、「睡眠時にマウスピースを着用する」というものでした。
なので歯型をとってマウスピースを作成し、まず1週間程度マウスピースを使用して様子を見ることになりました。
最初は違和感がありましたが、特に不具合なく過ごせました(中にはマウスピースが合わない場合もあり、そのときはマウスピースの調整をするようです)。
その1週間後に再び受診し、問題がなければ1か月後という感じでした。
最終的にはマウスピースの安心感からか食いしばりが軽減したように感じました。

食いしばりは歯を削ってしまったり、かみ合わせにも影響が出てきてしまいます。
健康な歯を保つためにも、気になったら早めの受診をおすすめします。