奥歯に急激な痛み、その正体は

今までの経験から虫歯が出来ると徐々に痛みが発生して、吹田での歯周病治療を選ぶ際に役立つコラムをそのまま放置してしまった結果、悪化と言うパターンがこれまでの虫歯の経験です。
しかし、ある日、突然、奥歯に耐えきれないほどの痛みが発生しました。
痛みに耐えながらも会社に行ったものの、痛くて早退。
奥歯なので、もしやこれは「親知らず?」とも思い、歯医者さんに駆け込みました。
その間に想像した事は、親知らずの抜歯です。
トンカチで叩くとか、引っこ抜くとか…。
想像は更にふくらんでいくばかりでした。
しかし、歯医者さんでの診断の結果はというと…。
虫歯まではいかないものの、歯に汚れが詰まり過ぎて炎症を起こしているという診断。
一番奥の歯の隙間に食べカスなどがつまって、それが蓄積してしまっているという事でした。
汚い話し、その汚れをゴッソリとってもらうと、口の中も何だかスッキリ。
そして、翌日には痛みも全くなくなりました。
奥歯には汚れがたまりやすく、炎症を起こす人も多いと言う事でした。
親知らずや虫歯ではなくて良かったような、恥ずかしいような…。
それ以来、奥歯の隙間は糸ようじを使って汚れを残さないように気をつけるようになりました。