奥歯に急激な痛み、その正体は

今までの経験から虫歯が出来ると徐々に痛みが発生して、そのまま放置してしまった結果、悪化と言うパターンがこれまでの虫歯の経験です。
しかし、ある日、突然、奥歯に耐えきれないほどの痛みが発生しました。
痛みに耐えながらも会社に行ったものの、痛くて早退。
奥歯なので、もしやこれは「親知らず?」とも思い、歯医者さんに駆け込みました。
その間に想像した事は、親知らずの抜歯です。
トンカチで叩くとか、引っこ抜くとか…。
想像は更にふくらんでいくばかりでした。
しかし、歯医者さんでの診断の結果はというと…。
虫歯まではいかないものの、歯に汚れが詰まり過ぎて炎症を起こしているという診断。
一番奥の歯の隙間に食べカスなどがつまって、それが蓄積してしまっているという事でした。
汚い話し、その汚れをゴッソリとってもらうと、口の中も何だかスッキリ。
そして、翌日には痛みも全くなくなりました。
奥歯には汚れがたまりやすく、炎症を起こす人も多いと言う事でした。
親知らずや虫歯ではなくて良かったような、恥ずかしいような…。
それ以来、奥歯の隙間は糸ようじを使って汚れを残さないように気をつけるようになりました。

地獄の歯の矯正とその後

私の歯はガタガタで上下にガタガタなのもありますが、手前に来ている歯もあれば後ろ側にいってしまっている歯もありました。歯のクリーニングで通っている歯医者で矯正を始める前に検査や問診をしました。レントゲンをとり、一定の時間でどれくらいの唾液が出るか、虫歯はないかなどをしてからこれから器具を取り付けて歯の表面を磨くときに複雑になり歯磨きがたいへんになるので歯の磨き方を教わりました。また、理想の歯並びをCGで作ってもらったり、今の歯並びと理想の歯並びの誤差はどれくらいかを知れるシートをくれたりしました。
器具は、銀色で一つ一つの歯に着けてそれぞれをワイヤーで結んでいくといものでした。ワイヤーで引っ張られた瞬間とても不快な痛みがあり、これとずっと付き合っていかなければならないことが恐怖でした。また、食事が困難で始めたばかりの時はうどんやおかゆすら食べることができませんでした。とにかく歯に舌や食べ物、ぽっぺが当たると鈍い痛みが襲ってきます。でも数日すると痛みは治まりました。
一か月に一回は歯医者さんに行って、そのたびにワイヤーを変えられて新たな鈍い痛みが襲ってきて、数日して痛みが弱くなるというのを3年繰り返しました。器具を取り外した日は、あの痛みともうお別れなんだと思うととても開放感がありました。でも数日間だけ歯がないんじゃないかと心配するほど、器具の存在は大きかったです。

虫歯は早めの治療がおススメです

歯の治療って本当に面倒だし本当に嫌なところじゃないですか?私も昔から歯医者と聞くと嫌だったんですが、実際何が嫌だったのかについては痛みより面倒さが勝ってたかもしれません。兎にも角にも時間がやたらと必要な作業でもっとスムーズに作業すれば早く治療できるんじゃないのって本気で十代の頃は考えてました。

 

だけど歯の治療って急げない理由もあり時間かけて治療をしなければいけないなんてことも知るようになりました。しかし歯医者というと本当に面倒ですよね、歯が痛みだすとそのときにさっさと行って歯の治療をすればもっとスムーズに済ませられるはずなのに多少の痛みだと行かないのが人間ですよね。

 

私も奥歯が痛みはじめそのまま放置してましたが気が付いたら大変なことになってて結果的に時間などの関係もあり半年くらい通院するはめになりましたので、もし虫歯になったならまだ痛みも少ないから今度でいいやと言わずすぐに通院して早急に歯の治療をすることをおススメします。

美容歯科医院の義歯の出来上がりに感動!

義歯を作るのならば、美容歯科医院もアリだと思っています。実際に私は、ブリッジを某業界最大手の美容歯科医院で作ってもらっているのですが、はっきり言ってものすごくよかったものですから。もともと、地元歯科医院の義歯が良くなくて、それで吹田で有名な美容歯科医院に行ってみたのです。するともう驚きましたよ。

 

まず、機械がとてもハイテクでしたね。レントゲンにしても、私が通っていた歯科医院のようにフィルムではなく、電子のレントゲンとでも言うのでしょうか。デジカメ撮影のような感じですから、待ち時間なく診察台に転送されるのですよね。それに歯科治療に使う機械も何やらハイテクな印象でした。

 

それにブリッジ自体もとても綺麗に作ってくれて、とても感動しましたね。そして値段も相場並みのものでした。もともとブリッジはメタルボンドなどの材質を選べば保適応外ですからね。某有名整形外科医院の歯科部門でも、地元歯科医院と一緒のような値段でした。しかも仕上がりはとてもキレイなものでしたから。早くこちらを選ばなかったことに後悔したというものです。

人生で初めての歯のクリーニング

20代後半にさしかかり、仕事柄人と会ってお話をしたり、お客様と一対一で話すということが増えてきたこの頃に、自分の歯の黄ばみがきに気になるようになりました。そこで近所でも評価の高いクリニックに歯のクリーニングを予約して行くことにしました。初めてのカウンセリングの日に、私はてっきりすぐに施術をしてもらえると思いましたが、その日は日々の歯磨きのブラッシング指導で終わり、期待外れの気持ちで帰宅しましたが、私のブラッシングの悪さで歯石が溜まったり黄ばみの原因につながっているという事を知り、次の検診までにしっかりとブラッシングをこなしました。2回目の通院の際に先生からブラッシングの改善を褒められ、初めてクリーニングをしてもらえることになりました。
終わって鏡を見ると、とても自分の歯とは思えないほど綺麗に歯石などが取り除かれ、気になっていた黄ばみも少し薄くなっていました。そして自分の舌で歯をかまうと、ツルツルの葉になっていたのがとても分かりました。これからも定期的に通い、もっと自分の笑顔に自信を持って歯を出して笑っていきたいと思います。

歯のくいしばりを感じたら早めの歯医者受診を!

今年の春ごろから、朝起きた時に顎に違和感を感じるようになりました。
その違和感というのは「疲労感」です。朝起きると顎に疲労を感じるようになっていたのに気が付きました。
歯ぎしりをしているわけではないのですが、寝ているときの噛みしめる力が強くなっていのではないかと思い、
「このままだとかみ合わせが悪くなるのではないか」と不安になり、かかりつけの江坂にあるかかりつけの歯医者さんを受診しました。

かかりつけの歯医者さんに相談すると「ストレスなどが原因で食いしばりが起きているのではないか」とのことでした。
治療方法としては、「睡眠時にマウスピースを着用する」というものでした。
なので歯型をとってマウスピースを作成し、まず1週間程度マウスピースを使用して様子を見ることになりました。
最初は違和感がありましたが、特に不具合なく過ごせました(中にはマウスピースが合わない場合もあり、そのときはマウスピースの調整をするようです)。
その1週間後に再び受診し、問題がなければ1か月後という感じでした。
最終的にはマウスピースの安心感からか食いしばりが軽減したように感じました。

食いしばりは歯を削ってしまったり、かみ合わせにも影響が出てきてしまいます。
健康な歯を保つためにも、気になったら早めの受診をおすすめします。

歯列矯正で大変だったこと。

10代の頃から前歯が出ているのが気になっていました。この歯が引っ込んでいれば、もう少し綺麗に見えるんじゃないかと思っていました。いつか矯正して治したいと思っていました。20代になり、働いてお金に少し余裕が出た時、歯列矯正をすることに決めました。家の近くの矯正もしている審美歯科に相談に行きました。そこで今の自分の状態を見てもらい、どういう手順で進めていくかを教えてもらいました。そこは歯に着ける装置が見えないように、歯の裏側に着ける装置を扱っていて、これなら目立たなくて良いなと、矯正することを決めました。そして次回から、少しずつ矯正の治療が始まりました。正直、矯正中の数年間は、痛いことや不便なことが多かったです。そして何より、歯を磨いて綺麗に保つことが難しかったです。装置を付けていると歯磨きが難しく、頑張っているつもりでも汚れが取れていなかったりしました。多少歯並びが悪くても、健康な歯が揃っている方が良いなと思いました。

良い歯医者さんを紹介してもらいました

口の中のケアをしてもらおうと思い、歯医者さんに行く事にしました。
ですが最寄りの歯医者さんはこれと言って良い所がなく、どこかに江坂に評判の良い歯医者さんはいないモノかと探し始めました。
それで親戚の人に相談してみたら、一軒の歯医者さんを紹介されたのです。
家から結構遠かったのですが、親戚の話ではとても良い歯医者さんだと言うので、試しに行ってみる事にしました。
その歯医者さんは女の人で、とても柔らかな口調で話す人でした。
大人の私にも、子供に話し掛けるような優しい口調で話すので、私の緊張はほぐれたのです。
早速口の中のケアをしてもらったのですが、直ぐに虫歯になりかけの歯を見つけ出したのです。
自分でも気が付かなかった虫歯を見つけてもらい、この先生に診てもらって良かったなと思いました。
この虫歯をこの先生に治してもらう事になったのですが、痛いと思う事が全くと言っていいほどなく、腕のいい先生だなと思ったのです。
この先生を気に入った私は、治療が終わった後もこの歯医者さんのお世話になる事にしました。
遠いので通うのがちょっと大変ですが、こんないい先生他ではまず見つかりませんから、ガンバって通っています。